初音ミクたちの世界観溢れる『ミクランド2022YOSAKURA』をVTuber九条林檎さんが案内!

今回のミクランドのロビーと案内役を務めてくださった九条林檎さん!(撮影:みつあみやぎこ)

2022年4月28日~5月1日にてバーチャルキャスト内にて開催される『MIKULAND 2022 YOSAKURA

季節は春ということで、今年で10周年となる千本桜をモチーフとした今回。
注目のスポットをバーチャルキャスト大好きVTuber、九条林檎さんが直々に案内してくださいました!

ミク、リン、レンのVRショーは必見!注目のスポット3選!

今回九条林檎さんが案内してくださったスポットは3つ。

まずはミクランドの象徴ともいえるスポット『ゲートエリア
今年10周年を迎える初音ミクの楽曲、千本桜のイメージを入れた桜広がるゲートエリアはワクワクと美しさを同時に体験できます。

あのアルフォートを実際に手に取って食べることができる!(撮影:みつあみやぎこ、あまえび)

ここでは協賛企業が提供するVCIアイテムを無料でGETできます。
VCIアイテムとはバーチャルキャスト内で使用可能なアイテムのことです。
バーチャルキャストではVR内で自分のフォルダにアイテムを収納することが出来て、好きな時にいつでも取り出せるようになっています。

他にも有名ブランド眼鏡『PISTA』と初音ミクのコラボメガネや、アニメ、ゲームなどのキャラクターグッズを扱うマルイの通販サイト『マルイノアニメ』のミニッツバギーなど、ギミックのあるアイテムがたくさん。
メガネは実際に装着できたり、アルフォートは開封ができたりと、エントランスだけでもとても楽しい時間が過ごせます。

アスレチックが楽しい『鏡音リン・レン おそらの郵便局

お次に紹介するスポットは『鏡音リン・レン おそらの郵便局

広がる青空と緑がキレイな郵便局!(撮影:みつあみやぎこ)

昨年の11月に設定と同じ14歳になった鏡音リン・レンの2人がメインのアスレチック要素満載のワールド!
こちらのワールドに流れている楽曲は今回の『MIKULAND 2022 YOSAKURA』のためにOSTER projectさんが書き下ろした新曲『イエローレターソング』が流れています。
軽快なジャズのリズムに気分があがります!

ついに2人も14歳だ。感慨深いものがあるな。」と九条林檎さんも感動していました。
入り口から見える階段をのぼると左右には迷路が!

かなり遊びごたえのありそうな巨大な迷路

鏡音リン・レン おそらの郵便局』では体を動かして遊べるアスレチック要素が満載のワールドとなっています。

その中でも今回我々は雲の上をジャンプしてお手紙を届ける配達ゲーム、『配達アスレチック』に挑戦してきました。

『配達アスレチック』は初級から上級までの3つのコースがありますよ!

郵便局内の机からそれぞれお手紙を持っていく。お手紙は体に身に着けられる。(撮影:みつあみやぎこ)

おそらの郵便局だけあって高い空をジャンプしていくこのヒヤヒヤはとても楽しいです。

ルールは簡単。初級・中級・上級の3つのポストにそれぞれ1枚ずつのお手紙を入れていくというもの。
さすがは案内人の九条林檎さん。手慣れたもので、誰よりも早くサササッと雲を飛び越えポストにお手紙を入れていきました。

初級でもVRアスレチックに慣れていないとなかなかなか難しい。(撮影:みつあみやぎこ)

上の写真のように雲をぴょんぴょんと飛んでお届け先のポストまで持っていくのがこの『おそらの郵便局』でのお仕事です。

お手紙をポストへ投函すると『手紙配達完了』と表示されクリアです。
中級、上級のゴールはぜひ皆さんの目で確かめて下さいね。

リン・レンの仲良しダンスに思わず笑顔

鏡音リン・レン おそらの郵便局』のワールドでもう1つ注目したいのが郵便局前の建物。
こちらでは時間ごとに大きなスクリーンが現れ、配達員の姿をした鏡音リン・レンの2人が登場します。

2人のお話もとても平和で微笑ましい!(撮影:みつあみやぎこ)

スクリーンではリン・レンの2人が配達のお仕事へ出かける一幕を楽しむことができます。

劇の後は2人がスクリーンから飛び出し、我々の目の前へ!

(撮影:みつあみやぎこ)

書き下ろしの新曲『イエローレターソング』を元気なダンスとともに披露。
2人の息の合ったダンスは必見です。
リン・レンのダンスが間近で見れるのはバーチャルキャストだけ!
みなさんもたくさん写真を撮って、SNSで思い出をシェアしてくださいね。


郵便局内にはオリジナルVCIを購入できるコーナーも設けられていますよ。

今回の特設ワールド『鏡音リン・レン おそらの郵便局』での特別衣装の鏡音リン・レン、デフォルメアバターやショルダーバック、特製のキャラクターカメラなど、ポップで可愛らしいアイテムに注目です。

10年の時を経て再現された『千本桜』の世界観

本日最後に案内してくれたのは『小説 千本桜』をモチーフとしたワールド『千本桜ワールド

九条林檎さん曰く、ワールド全体が小説版の千本桜の設定に基づいて再現されているそうです。

大きな鳥居と千本桜がひときわ目を引く。(撮影:みつあみやぎこ)

鳥居をくぐった先には手水舎がありますよ。

「神社なのでしっかり手水してね。作法しっかり守ってだな~」と話す九条林檎さん。
バーチャルの世界でも神社の作法をしっかり踏まえて観光を楽しみました。

(撮影:みつあみやぎこ)

鳥居をくぐった左側にはおみくじが置いてあります。

九条林檎さんの話によると、おみくじを振るとつぼみ二分咲き五分咲き八分咲き満開の5 つが出てくるようです。

見事満開を引き当てた九条林檎さん。(撮影:みつあみやぎこ)

入り口から右へ行くと神楽殿がひっそりと佇んでいます。

こちらも先ほどのワールド『鏡音リン・レン おそらの郵便局』と同様、時間になるとスクリーンが浮かび上がり、ダンスショーが始まります。

小説版千本桜の『初音未来』と本家の初音ミクは厳密には別人なのだそう(撮影:みつあみやぎこ)

こちらでは10年前に誕生した名曲、『千本桜』の曲とともに、千本桜の小説版の主人公『初音未来』がスクリーンから飛び出し神楽殿で舞い踊る姿を鑑賞することが出来ます。

美しく、軽やかな舞は必見!(撮影:みつあみやぎこ)

迫力満点のダンスライブ。
舞の美しさに「千本桜も10年でここまで進化したのだな」と感動する九条林檎さん。
10年も時が経つとVRでミクと触れ合えるんですもんね。技術の進歩ってすごい…!

大きく目立つ美しい傘。(撮影:みつあみやぎこ)

こちらのワールドでもオリジナルのVCIを購入できるコーナーがありますよ。

桜模様の和傘や千本桜のレコードが聴けるレトロな蓄音機など。
ぜひGETしておともだちと一緒に遊んだり、ワールドに飾ってみてはいかがでしょうか。

まだまだ見どころたっぷりのミクランド!

MIKULAND 2022 YOSAKURA』はこのほかにもまだまだ楽しめるワールドやアイテム、イベントが盛りだくさん!

今回の新ワールドで、クリアするまでに1時間以上はかかるという『ナゾミク探偵事務所』や、昨年の夏に開催された『MIKULAND 2021 SUMMER VACATION』で人気を博した『ホラーハウス』のほか、千本桜10周年を記念した『ミクアートギャラリー』、『デジタルフィギュアショップ』『コスプレショップ』などの無料で入れるショップエリアも公開されています。

ぜひこの春も、オリジナルVCIも身に着けてミクランドを隅々まで楽しみましょう!

案内をしてくださった九条林檎さん!ありがとうございました!



投稿者プロフィール

あまえび/阿和音フィロ
あまえび/阿和音フィロ回線丼プロジェクト代表
ノリと勢いの海産物!『回線丼プロジェクト』の代表やっています!
2021年6月よりNPO法人バーチャルライツVR文化アンバサダー第0期就任。
「VRイベントを全力で楽しむ人とVRイベントを全力で創る人をつなぐきっかけづくり」をモットーに様々なメタバースプラットフォームで活動中!