【PR】メガネユーザーに朗報!Quest2の装着が水泳ゴーグル同様になる専用レンズ『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』商品レビュー!

VRゲームで遊んだり、ソーシャルVRで普段過ごされたりする皆さんは、メガネユーザーですか?
今現在、ファッション要素としても付けられるようになったメガネですが、やはりメインの用途は視力補正ですよね。

子どものころ親に隠れて布団の中でゲームしてた、すごい量の本を読みまくってた等色々と理由はありますが、視力が落ちてしまいメガネのお世話になっている方は少なくないはずです。

そういうぼくもいちメガネユーザーです。
ほんの2年前にこういう最先端テクノロジー的なスタイリッシュさにあこがれて、VRの世界に飛び込んできました。

VRで遊ぼうって思った最初のゲームはBeatSaberでした。

聞いてくれ、メガネユーザーの悲鳴を、そして福音を

いざVRで遊ぼうとした時、ぼくも上の動画みたく「スッ」とQuestを被ろうとはしたんですよ。
そうすると、Questとぼくの顔の間にはいったい何があるか?
そう、メガネですよね。裸眼で視力0.08のぼくはVRで遊ぶにもメガネが必須なわけです。

VRで遊ぶときのメガネって・・・・

じゃ、邪魔~~~~~ッ!!!

日頃お世話になっているけどこの瞬間だけすごく邪魔!必要不可欠だけど!

これで少しだけでも、メガネユーザーではない皆さんにメガネユーザーの苦悩が伝われば幸いです。

そう!われわれメガネユーザーは!VRヘッドセットを被るたびに!
レンズに傷が付くまいかとヒヤヒヤしつつ、本体のバンド+抑えられたメガネのツルの二重締付けに日々耐えながら遊んでいるのです……!

楽しいけど、やっぱ締め付けがしんどいから長くは遊べないな、というメガネユーザーもいることでしょう。

そんなメガネユーザーのみなさん、朗報です。
VRを遊ぶメガネユーザーのみなさんのために、VRヘッドセット専用のレンズが開発されました。

今回は5月から販売されている、株式会社ROOXさんの『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』を紹介したいと思います!

製品概要

製品情報
製品名  :オーダーメイド視力補正 for Meta Quest 2
対応機種 : Meta Quest 2 (Oculus Quest 2)
補正範囲 :近視 0.00 ~ -8.00, 乱視 0.00 ~ -2.00まで
価格   :UVカットレンズ 6,880円
オプション:傷防止コート +1,650円(税込み)など
製品ページ: https://shop.roox.jp/product/yhdgatoq2/link/6/

※「Meta Quest 2」は米国Meta社の商標または登録商標です。
※本サービスはMeta社が販売するものではなく、認証や業務提携等もありません。

『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』おすすめポイント!

発注が簡単で、間違った買い物をすることがない!

どのメガネでも通販で購入すると当たり前ですが、購入にあたって視力情報の入力が要求されます。

でも、自分の視力って自分ではよくわからないですよね……?
しかも、視力の単位って小数点第二位と細かいものではあるんですが、度のズレたメガネをかけたことによる目への負荷って意外に大きいんですよ。
ぼく個人の体験ではありますが度付きサングラスを買った時、今の自分の視力とちょっとズレた度数のものにしちゃったので、これが理由でめっちゃ視力落ちました。

しかしこの『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』の購入は自分で数値を入力する必要はなく、眼科やメガネ屋さんで視力測定した診断書もしくは処方箋の画像を添付するだけで仕様を確定できます!

3箇所のマグネット接着でズレないし、付け間違えない!

『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』の取り付け方式は3箇所のマグネットによるものです。なぜ3箇所か?

ちょっとここをショップの方に聞いたのですが、2箇所だとマグネット間を丁度通るような向きに力が入ると取れやすくなり、かといって4箇所だと左右が分かりづらく掃除後などに着け直す時、向きを間違える可能性があるため、3箇所にしているとのことでした。

確かに左右で視力の違う方にとっては間違えると影響大きいですものね……!

機器、対応視力の幅を固定したことによる低価格!

冒頭の概要でも説明しましたが、対応範囲が近視 0.00 ~ -8.00, 乱視 0.00 ~ -2.00までとしており、極端な部分には非対応となっている分、生産コストが浮いたため価格を最安6,880円まで抑えることが出来ました!

メガネユーザーなら度付きレンズでこの価格がいかに安いかわかっていただけると思います。

購入にあたっての注意事項

専門性の高い商品となりますので、購入にあたってそれなりに気をつけるべき箇所もあります。

コンタクトユーザーも、メガネ用の視力情報で!

普段コンタクトを使用されている方も、「必ず」メガネ用の視力情報の視力情報で資料送付してください!コンタクトレンズの度数で注文しないように!

コンタクトとメガネのレンズとでは基準の数値も見え方も異なりますので、着用後気分が悪くなるかもしれません! ここは本当に気をつけてください!

今お付き合いしているメガネ屋さん、気まずいかもだけど正直に言っちゃおう

視力測定は、眼科だけでなく今ご利用のメガネ屋さんでも実施可能です。

しかし、メガネ屋さんから「他店に持ち込むのか?乗り換えか?」と思われるのではないかと気を遣う、心優しい方もいると思います。
ですがここは仕方のないこと。測定の用途を「ゲーム専用のメガネをそこ専門のところに発注する」とお伝えすれば上記の懸念は晴れるでしょう。

購入~取り付けまでやってみた

メガネのツルの締め付けがいい加減限界だったぼくは、早速『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』を発注してみました。そのプロセスをスライドショーにまとめています。ご参考までに!

購入手続き

商品到着

日本郵便の「クリックポスト」を使用して商品は送付されます。つまり、沖縄でも全国一律価格で受け取れるのです!

梱包はとてもコンパクト。横幅はQuest2コントローラーより小さく、

厚みはワイヤレスイヤホンのケースより少し厚めなくらいなので、郵便ポストに入ります。
Amazonの荷物受取るまでに不在票をたくさんもらいがちな人にとって、これはありがたい……!!

内容物はこんな感じ。取り扱い説明書の紙が厚めなので広げた状態を維持したまま取り付け出来そうです。

取り付け

今回、偶然にも未開封の新品のQuest2(Oculusって付いてた頃のやつ)があったのでコレに取り付けてみました!

シールの貼られていない、凹状の土台部分。こちらをMeta Quest2のレンズに取り付けます。
反対側のレンズ部分を、Meta Quest2に取り付けた土台に蓋する形で取り付けます。

取り扱い説明書にもありますが、土台取り付け前にクッションは外しましょう。
取り付けにすっごく邪魔になります……

レンズのフレームはMeta Quest2のそれと同じ形をしているので、ぴったりになるように位置を調整しつつ、「パチン」と音が鳴るまで押し込みましょう。

「パチン」と鳴る音の正体はMeta Quest2のレンズ側面にあるこの引っ掛かり部分です。
もし「パチン」と鳴ってないぞ?と思われたらレンズ側面をぐるりと見回して引っ掛かり部分が見えてないことを確認すると大丈夫でしょう。

土台部分のマグネットにレンズ部分のマグネットを重ねるように近づけると、自然に引き付け合って取り付け完了です。

実際に使ってみた感想

コレ、ほんとすごい……!!

Quest2の着脱が水泳ゴーグルのソレとほぼ同じ感覚になる‼

耐久性チェックのために殺陣アクションやってみた。

実はぼく、11月25日,26日に公演されたVR演劇「マクベス」で役者をやりまして、その役回りの中に殺陣がありました。このレンズの取り付け部分は激しい動きに耐えられるのか、主人公マクベス役のともよろうさんに協力してもらい、いっぺん殺陣で試してみることにしました。

左:ゆーてる 右:ともよろうさん
殺陣の様子(第三者視点)
殺陣の様子(ゆーてる視点)※画面揺れに注意※

すごい‼ 殺陣をやっても全然外れる気配なかった‼

コレがあればもうメガネの上から被せるように、前方から恐る恐る顔面にVRヘッドセットを抑えこみながら被ることはありません‼

VRで遊んでいる最中、常につきまとうツルの締め付けに耐えることや、激しい動きをした時に時々聞こえる「カツンッ」というレンズが確実にぶつかっているであろういや~な音を聞くこともなくなるでしょう‼

冒頭で述べた「スッ」って感じのスムーズな取り外し!メガネユーザーでもあれができるようになりました!

『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』により、メガネユーザーも裸眼ユーザー同様に、帰宅後即VRまでのプロセスがたったの5段階に収まります。

帰宅後即VRの最強プロセス
  • おうちに帰ってくる
  • 念入りな手洗い、うがいをする(超大事)
  • イスに座るかプレイスペースに立つ
  • メガネを外す!
  • Meta Quest2を被る‼(人によってはこの前にPCとOculusアプリの起動が挟まります)

簡単発注お手頃価格、これはもうメガネユーザーにとっての福音と言っても過言ではありません。
『乱視対応 オーダーメイド 近視補正レンズ for Meta Quest 2』、ぜひ使ってみてくださいね!

投稿者プロフィール

ゆーてる
ゆーてるバーチャルライフマガジン編集長"代理"
楽しいこと、誰かが頑張ってる姿を見ることが大好きなVRライターです!
ぼく自身もVRChat上でいろんな活動してます!

バーチャルの楽しいことをたくさん知ってもらえるようがんばります!