「バーチャル美少女 ねむ」の記事

cluster

両声類とボイチェンの歌声に1,700名が集結! メタバース音楽ライブ「バ美肉紅白2021」

性ボイス」を出すための音声技術が注目されている。この技術をアピールするためのイベント「バ美肉紅白2021」が12月4日にメタバース内で開催された。発声技術を極めて女声を出す「両声類」シンガー4名とボイスチェンジャーと呼ばれる機械を使って女声をだす「ボイチェン」シンガー4名が歌唱技術を披露し、その「人工kawaiiボイス」に1,700名が熱狂した。メタバース文化振興のため、アーカイブは全編無料で公開された。

clusterイベント

メタバース最強の『女声』はどっちだ!? 12/4 音楽ライブ「バ美肉紅白2021」でボイチェンと両声類が激突!!!

メタバース世界で美少女として生まれ変わる最新文化「バ―チャル美少女受肉」、通称「バ美肉」をテーマとしたメタバース音楽ライブ「バ美肉紅白2021」を12月4日に開催することが決定した。最強の美少女Singerを目指すバ美肉VTuber8名が、科学の力を活用する「ボイチェン(=ボイスチェンジャー)」組と、発声技術を極めて女声を出す「両声類」組に分かれて、メタバース時代の覇権を賭けた天下分け目の歌合戦を繰り広げる。単なる音楽エンターテイメントではなく、豪華トップメンバーが技術の裏側を惜しげもなく披露する、メタバース時代の音声技術の実演博覧会でもある。今回は大反響を呼んだ昨年に続く第2回で、出演メンバーを新たに、よりスケールアップしてお送りする。

VRカルチャー

メタバースでアバターで感じる「VR感覚」とは? 「ファントムセンスレポート」- ソーシャルVR国勢調査2021 Part3

今話題のメタバースでアバターを通して感じる「VR感覚」とは一体どんなものなのだろうか? 本記事ではVRアバターコミュニケーションとファントムセンス(VR感覚)についてまとめた「ソーシャルVR国勢調査2021」Part3「ファントムセンスレポート」について紹介する。ファントムセンス (VR感覚)とは、本来視聴覚しか再現されないはずのVR体験中に擬似的に他の感覚を得る現象全般のことだ。

VRカルチャー

メタバースでの恋愛事情とは? 「お砂糖レポート」- ソーシャルVR国勢調査2021 Part2

今話題のメタバースで行われるVR内での「恋愛」とは一体どんなものなのだろうか? 本記事ではVR環境での恋愛と恋人関係 (お砂糖)ついてまとめた「ソーシャルVR国勢調査2021」Part2「お砂糖レポート」について紹介する。「お砂糖」とはVR内での恋人関係を示すスラングだ。

cluster

音楽ライブでVR感覚が目覚めちゃう!? バーチャル美少女ねむ「ファントムセンス Night of Awakening」11/6開催決定!

『目覚めよ、VR感覚!』 ​​VTuber「バーチャル美少女ねむ」は10月21日、3D音楽ライブ「ファントムセンス Night of Awakening」を11月6日に開催することを発表した。

テーマはアバターを通じて仮想現実の感覚を感じる「VR感覚」 入場・視聴は無料で、スマホやVRからバーチャル世界の特設ステージに入場できる。出演者はねむ主催の歌唱動画コンテスト60名以上の応募から視聴者投票で選ばれた実力派メンバー。ゼロ距離で歌うバーチャルSinger達と触れ合いの中で来場者のVR感覚が目覚める、一夜限りの実験的ライブエンターテイメントが幕を開ける。

また、VR空間の音楽即売会「MusicVket3」との各種公式コラボイベントの開催が決定した。

VRChat

​​​​​​”TSF”(性転換ファンタジー)がVRで現実に!? VRChat発TSFドラマ「あさおんV」公開。主演バーチャル美少女ねむ。

 世界最大のソーシャルVR「VRChat」では、VRアバターやボイスチェンジャーで現実とは異なる性別で生活することが一般化しつつあります。性別が変化してしまった戸惑いを描くファンタジー「TSF」(Transsexual Fiction) は同人誌など創作の人気ジャンルですが、今まさにそれが現実のものとなっています。

HTC Vive

VRで眠る「VR睡眠ライブ」平均同接136名が朝まで見守る。のらきゃっと・ねむ・長兎路こより・こはる・jumiusが参加。

現在VRChatなどのソーシャルVRで静かなブームとなっている、VRヘッドマウントディスプレイを被ったままVR世界で一緒に眠る「VR睡眠」の模様を朝まで生配信する前代未聞の公開生配信が5月1日の深夜から翌朝5月2日にかけて行われた。「のらきゃっと」「バーチャル美少女ねむ」「長兎路こより」「こはるちゃん」等のバーチャルYouTuber(VTuber)と、東工大助教のVR研究者「jumius」が参加・体験し、VR睡眠のメリット・デメリットを考察した。平均同時接続136名もの視聴者が朝まで配信を見守る事態となった。