VRChatでサメ映画を体験せよ!『フォルネウス海洋研究所』

殺し屋組織の一員となり、謎多き海洋研究所を探索せよ!!
サメ映画を体験できるVRゲームワールドがVRChatにて公開中です。

体験できるサメ映画ってなんだ?

映画『ジョーズ』のヒットから映画界の定番ともなったサメ映画。
最近では竜巻に乗って人々を襲ったり、雪山に現れたり、キングキドラみたいに頭がいっぱいあるサメが現れたり…。

そんなB級映画のド定番ともなったサメ映画をVRで体験できるアトラクションワールドが『映画のような時間を、あなたと。』 がコンセプトのVRChat洋画系ロールプレイサークル『HOTEL QADESH(ホテル・カデシュ)』から公開されました。

ワールドに入るとまず目に入るのが有名映画を模したような映画のポスター。
チカチカと点滅する広告に薄暗い劇場…。まるで名画座のような雰囲気です。

中に進むとVideoPlayerと座席が用意されています。
まずは座って映画鑑賞。
再生ボタンを押すと約12分のVR特撮ムービーが再生されます。

ムービーのクオリティがエグすぎる

以前の記事でも紹介しましたが、VRChat洋画系ロールプレイサークル『HOTEL QADESH(ホテル・カデシュ)』は映画さながらの高クオリティ映像を製作することで定評があります。

まるで本物の任侠映画のよう!?VRロールプレイ ホテル・カデシュの『豺狼の巓(さいろうのいただき)』がなんだかすごい事になるみたい

カメラワークから映画の定番ネタまで『えっ、これガチのやつじゃん』と終始とにかく映像のクオリティがエグい。

『これ本当に個人が作ってるの?何かの映像制作会社なの?』

と声を上げてしまうようなカメラワーク、サウンド、テロップ。
そして洋画あるあるな定番のシーンやセリフの言い回し。

これらをすべてVRChat内で撮影しているのだそうですから驚きです。

個人的には映像序盤のシーン、すぐ死にそうなチンピラ男と美女がクルーザーの上で踊ってる所めっちゃ好きです。

これだけでも大満足なワールドなのですが、こちらのムービーはこれから始まる大事件の序章にすぎません。

ムービーが終わると『スクリーンの中へお進みください』の文字が。

えっ、まさか…

映画の続きは君が体験!まるでサメ映画の主人公になったよう

そう、こちらのワールド。
なんと映画の続きを私たちが体験できるのです。

『もし俺が映画の主人公だったら…』なんていう、学校の授業中に思い浮かべていたような妄想がVRでかなえられるなんて…!

ミッション執行中の演出も市販のゲームに引けを取らないクオリティ。
先程の劇中に登場したキャラクターたちがプレイヤーのゲーム進行に合わせて無線で指示を出してくれるので、映画の続きの世界を存分に楽しむことが出来ます。

ワールド内は映画っぽい色付きのライティングを施してあり、作中の施設の中にいるだけではなく「映画体験」の解像度を上げる試みがされているのだとか。

ワールド内にいるサメに捕まると死んでしまうのでミッション中は常に緊張感が走ります。

ワールド制作者のムシコロリ(@coloriLab)さん曰く、『サメに驚き、サメに注目し、サメに恐怖し、改めてサメを見つめ直して欲しい』との事。
『サメは本来、ほとんどの人間にとっては恐怖の対象です。だからこそ「サメから目が離せない」演出を心がけました。「必死に逃げてる間も、なんかサメを見ちゃう」と思っていただけていたら嬉しいです。』と語っています。

君は突如として現れたサメから逃げ切れるか!?フォルネウス海洋研究所の目的とはいかに!

ゲームをクリアした後は記念撮影コーナーもあるのでお友達と一緒にクリア目指して遊んでみて下さいね。

ちなみにムービー中に使われているロケーションは隔週土曜日23ː00~24ː00に開催される『HOTEL QADESH(ホテル・カデシュ)』のVRChat内イベントにて遊びに行くことが出来るようです。

『HOTEL QADESH(ホテル・カデシュ)』のコンテンツの主役はカディシュメンバーだけでなく、「ロールプレイングイベントに参加していただいている参加者の皆様」全員なのだそう。
ホテルカディシュメンバー兼ワールド制作者ムシコロリ(@coloriLab)さんは、今後も映画の主人公になれるような楽しい体験を提供したいと語っています。

イベント中は運が良ければ劇中に登場したキャストとお話しが出来るかも…?

洋画系RPイベント『ホテル・カデシュ』公式サイト
https://hotelqadesh.wixsite.com/website
公式Twitter
https://twitter.com/HOTELQADESH_VRC

ワールドに遊びに行く

ゲームは初見で遊びに行く場合、だいたい1時間程度でクリアできるボリュームとなっています。
もしゲーム進行中行き詰ってしまった人は次ページのネタバレ攻略ガイドを参考にしてみて下さい。