clusterにて音声距離減衰が実装。現実と同じ様、距離に比例して声の聞こえ方が変わる仕様に。

バーチャルSNS『cluster』がv1.103 アップデートにより、ワールドでの音声距離減衰機能が追加されました。
これにより、ユーザーの声が距離に応じて小さく聞こえるようになります。

音声距離減衰でよりコミュニケーションが円滑に

これまでのclusterでは、ワールドでマイクを使って話した際、ワールド全体に一律の音量で声が届くので、1つのワールドで1つのトピックしか話せない点がネックとなっていました。

しかし今回のアップデートで距離に応じてマイクの声の音量が小さくなる仕様が導入され、現実の空間と同じような環境で会話が出来るようになります。

これにより、今後は1ワールドで複数のコミュニティが立ち入っていてもそれぞれで離れて会話することが可能となります。

なお、今回は「ワールド」のみの対応となっており、「イベント」ではこれまで通り全体に聞こえるようになっています。また、現状「エモートの音量」は減衰していませんが、今後のアップデートにより、声と同じく減衰する仕様に変更予定との事です。

音声距離減衰機能の実装により、大人数が遊ぶワールドでも外部のボイスチャットツールを介さずコミュニケーションが出来るようになる他、人を介したコミュニケーションサービス、ゲームなどの発展が期待されます。