VRCなにもしない人が依頼されても行きたくないホラーワールド3選

ごあいさつ

こんばんわ。VRCなにもしない人ことdateyakiyaです。
僕は「VRCなにもしない人」という僕自身の存在をVRSNS上でレンタルできるサービスを行っていて、そのレンタル依頼で最も多いのが「ホラーワールドについてきてほしい」という依頼です。


今回は、僕が依頼で同行したホラーワールドの中で『怖いからもう二度と行きたくない』と思ったワールドを3つ紹介したいと思います。

Silent Hill PT DEMO

こちらのワールドはプレイステーション4用ゲーム「P.T.」をVRchat上で再現したワールドです。

ワールド内容としては、ひとつの曲がり角のある一本の廊下を延々とループしながら探索を行うんですが、ループしていく中で同じ廊下に様々な変化が起こります。

僕がVRchatで一番怖いホラーワールドだと思っていて、唯一同行NGをしているワールドでもあります。
ここ曲がったら怖いのくるパターンだ!という恐怖感の”焦らしプレイ”を受けながら探索をするのがとにかく心臓に悪い。

ホラーワールドにありがちな「大きい音ドーン!」「視界ジャックで怖い顔バーン!」な脅かし系ではなく、陰湿でジメジメしたジャパニーズホラーをVRで体験できるのもポイントです。

探索で少し手間取る可能性もありますが、複数人で行けばすぐにクリアできると思います。

Fever dream

こちらのホラーワールドは世界的に有名なネズミが出てくる某夢の国を題材にしたワールドです。
(ポータルから既にアウトなので隠してます)

「あの夢の国に行きたいけど、お金が無いから夜中に裏口からこっそり入場しちゃおう!」というコンセプトで、見覚えのあるキャラクター達が我々を手厚く歓迎してくれます。

視界ジャックや探索もありますが、着ぐるみが苦手な人は要注意です。
僕は着ぐるみから発される謎の不気味さがとても苦手で、このワールドはそんな奴らしかいないので相性バツグンでした。

相性もあるので、人によってはあまり恐怖せずにゴールできるかも。

testWorld

初めて来た時は「ワールドのデバックをしてほしい」と依頼され連れられて、椅子とミラーがあるだけだなぁと思っていたらホラーワールドでした。

始めは本当になんの変哲もないワールドなんですが、椅子に座ったりミラーを出すスイッチを押したりしていると、突如ワールドに異変が訪れます。
ただの出オチではなく、その後も凝ったギミックや漂う不気味さは先に紹介した二つにも引けを取らないレベルで怖く、しっかりとホラーワールドしてます。

※フレンドを騙して連れて行かないようにだけお願いします。

おい!あのワールドがランクインしてないぞ!

ここまで読んで「有名なあのワールドが選ばれてない!ホラーワールドにわか!」と石を投げるのは待ってください。

今回ホラーワールドを紹介するにあたり、僕は以下の3つを特に意識して選定しました。
・ゴールまでどれくらい時間がかかるか
・初心者だけでもクリアできるか(謎解きや探索要素の難易度)
・怖さがワンパターンで飽きないか、グダグダしないか

一概にホラーワールドといっても
クリアに4時間以上かかったり謎解きが英語で全く分からない等しっかり準備しないと
なかなか手を出しにくいワールドも中にはあります。
ホラーワールド同行依頼中もそういった要因で全然ワールドを楽しめず、イライラが溜まってフレンドさん同士の関係がギクシャクしてしまったケースもありました。

ワールド製作者はそんな悲しい出来事を望まないでしょう。
ホラーワールドというエンタメをみんなで楽しんでほしいというのが
製作者の願いだと僕は捉えていますし、ワールドで遊ぶ僕らの役目だと思います。

「手軽さと怖さ」を重視して選んだワールドなので、ホラーワールドに行ったことない方や食わず嫌いしてる方でも楽しめるよう僕なりに考えました。

まとめ

僕自身、ホラーワールドは超がつくほど苦手です。
今まで「これは怖くない」と感じたホラーワールドは無いと断言できます。

ですが、あえてホラーワールドが苦手な人間目線でホラーワールド紹介記事を書くことで
僕と同じホラーワールド苦手な人にも興味を持ってもらえたらと思いペンを執った次第です。

7月に入り、そろそろホラーが似合う時期になりました。
是非この機会にVRchatで納涼してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
良きバーチャルライフを。

※ホラーワールドに誘う際は時間帯や相手の気持ちに配慮しましょう。

投稿者プロフィール

dateyakiya
dateyakiya
バーチャル世界でなにもしないをしています。
依頼はTwitterのDMで。無料です。

VRC ID:dateyakiya