天文仮想研究所 VSP 一周年イベント10月17日。

本当は少し前に色々と整えた文を書いていたのですが、整った文よりもろれるが好きに書いた文のほうが良いかなぁーと思って、今(10月11日の穏やかな昼下がり)書いています。

本当に有難い事に、天文仮想研究所を初めて、色んなことをさせて頂いています。17日に行う一周年イベントでも大きな集会が出来そうで、本当に有難いです。

皆さんご存知の時勢で、出来ない事も多いのですが、逆に結果的に出来る事もあったと感じました。VRという特性上、それはどう言葉にして良いのかわからないのですが、特異な状態でした。

それによって繋がった事もありました。

主にVRchatで集会をさせて頂く中で、集会を続けていくたびに、一緒にして下さる方も増えていき、様々な事が出来ました。

一年前に天文仮想研究所を始めた時はこんな事になるとは本当に思いませんでした。

VRchatの中で色んな人と出会いました。VRchatをしていなければ出会えなかった人達ばかりです。その有難さを感じている次第です。

私は10年も前にバイクで日本一周をしました。そこで沢山の人に出会い、話して、別れていきました。ほとんどの人の顔も声も姿ももう忘れています。どれほどに覚えていようとしても記憶はゆっくりと朧げになっていきます。

きっと、VRchatで出会った人達とも、いつかそうやって記憶からゆっくりと朧げになっていくのでしょう。ですが、日本一周の時もそうでしたが、その時に頂いた言葉や、感情が、やはり私の根底にしっかりと根付いたと。10年経った今、ちゃんと感じられる所です。きっとそうやって歩いて行くんだろうなぁと。

あんまりこういう事ばかり書くと、意識高い系とか言われてしまうのかなぁと思ったりするのですが、こういうことって普段は言えないので、こういう時に存分に書いてしまうんですよね。そういう意味ではブログとか文っていいなぁと。普段は言葉が好きで、言葉の中に内包される、声色とか、抑揚とか、温度とか、感情を感じられるのが好きなのですが、文もいいなぁと思いますね。

昨日、フレンドさんと「私は人の声が好きで、そこに内包するものが好きなんです」みたいな話をしていたのですが、言葉、大好きです。言葉以外でも人との関りを持つものはたくさんありますが、言葉ほどに人と関われるものもないと。正直にそう思います。

VRchatにおいては勿論、アバターで個人を形成することは出来ます。そして声と言葉もそうです。その人がどう話して、言葉を発するのか。これは私の中で本当に楽しくて、時々悲しくて、でもやっぱり楽しい事です。言葉一つで何もかもが変わってしまう。そう思える。

さて、話が随分と逸れてしまいました。天文仮想研究所の一周年イベントです。様々な方と一緒に集会をさせて頂きます。皆様に楽しんで頂ければと。
普段は宇宙を感じない方も、これを機会に少しでも宇宙を、そしてVRを楽しんで頂ければと。

我々は今後、現実でも活動を行う予定です。それが上手くいくのか、続ける事は出来るのか。それはわかりません。でも、やってみようと思うのです。失敗したらそれは「失敗した」という経験が出来ます。これは本当に有難い経験です。失敗できる事。本当に有難い事です。

またその辺りは時期が来ましたら具体的にお話させて頂きます。

本当に好きな事を書いたので、よくわからない文章になっていると思います。ごめんなさい。

17日の天文仮想研究所 VSP 一周年記念イベント集会。

もし、楽しんで頂けましたら幸いです。

天文仮想研究所 VSP 所長 ろれる TwitterID⇒https://twitter.com/roreru963

天文仮想研究所 VSP    公式  TwitterID⇒https://twitter.com/vsp_vrc

天文仮想研究所 VSP        FANBOX⇒fanbox.cc/@vsp-vrc

天文仮想研究所 VSP        OFUSE ⇒ofuse.me/tenmonkasou     

天文仮想研究所 VSP 所長 ろれる 2020年10月11日15時33分 穏やかな昼下がり。

投稿者プロフィール

ろれる。
ろれる。天文仮想研究所 VSP 所長
VRchatで宇宙等の集会を行っているフォース「天文仮想研究所 VSP」の所長。また個人で「月鏡の灯篭」として活動中(VRオルゴールミュージアム等)。何かございましたらお気軽にご連絡ください。