本日発売の星ナビ4月号にてVR天体同好会『天文仮想研究所』が見開きで特集されるよ!

本日2021年3月5日(金)発売の『月間 星ナビ 4月号』にて、VR天体同好会『天文仮想研究所』が見開きで特集されています。

『天文仮想研究所』はVRChat内にて活動する宇宙等に関する愛好家が集うコミュニティ。
これまでに国立天文台 天文学者をゲストに招いて解説イベントを行ったり、3Dモデルでスペースシャトルや探査機などを制作。宇宙の事を知れる博物館的なワールドをVR上に公開し、月に1回、ユーザー参加型の講演を開くなど、精力的に活動しています。

現在では300人以上の天体ファンが集い、交流を深めている『天文仮想研究所』
コミュニティはオープンコミュニティとなっており、誰でも参加することが可能です。

今回の『月間 星ナビ 4月号』では『天文仮想研究所』の発起人、ろれる氏による解説を交え、VR SNSの魅力を中心に特集が組まれています。

■天文コミュニティのニューモデル 宇宙×VRでつながろう
アミューズメント施設やイベントで目にすることも増えてきた「ヴァーチャルリアリティ(VR)」。VR空間で天文・宇宙を楽しみ、多くの人とつながる場を提供する「天文仮想研究所」の活動を紹介します。

『月間 星ナビ 4月号』は全国の書店、またはAmazonにて発売中です。

■天文仮想研究所 Twitter
https://twitter.com/vsp_vrc

■天文仮想研究所 Discord(ディスコード)
https://t.co/JbrGO4UPQe?amp=1

宇宙を知ろう、楽しもう!『天文仮想研究所1周年記念イベント』国立天文台 天文学者、平松正顕さんによる講演も

Oculus Questで宇宙へ…!VRで体験できるロケット発射。天文仮想研究所