じむの朔の箸休め~6皿目~「黄昏れ特急」

※多忙につき来週の投稿をお休みします。楽しみにしてくださってた方、申し訳ありません。

皆さんこんにちは。じむの朔です。

冒頭の通り来週の投稿はお休みです。新生活が始まるため、準備中なのです。

やはり新しい土地というのはワクワクしますね。

いつでもどのワールドにもいけるVRCでは味わえないワクワクだと思います。

 


さて、今回の作品のテーマは最近話題の「黄昏れ特急」です。

足を運んでみた方も多いのではないでしょうか?

美しい夕日の中、電車の音がとても心地いいワールドです。

なにかをしようとした際、何かとしがらみがうっとおしく思えてくることがあります。

VRCでもひょんなことで関係がこじれたりして、もやもやとしてどうしようもなくなることがあります。

どこか遠くへ行ってしまいたい。そんなとき、、、

黄昏れ特急に揺られてぼーっとしていれば、なにか答えが見つかるかもしれませんね。

どこか遠くへ

今回は短いですが、この辺で。

それでは皆様、よい旅を。

投稿者プロフィール

じむの朔
じむの朔
モフモフキツネの詩人です。
ブログで(主に)VRを題材にした詩のようなものを書いています。
ここでは書いた詩を、キャプションを加えながら紹介したいと思います。