『メイクで生まれるオリジナルの自分』アバターのネイル・メイクアップ専門サービスを手掛けるゆいぴさんの想い

『スピンズ(SPINNS)』『BEAMS(ビームス)』など、大手アパレル企業も参入し、盛り上がりを見せる3Dアバターファッション。

ですが現在のアバターファッションの殆どは企業が流通を図るものではなく、個人のクリエイターの手により生み出されています。

近年ではメイクやネイルなどに特化したファッションスタイルも生まれ始め、VRユーザーの間では現実以上に自由なファッションスタイルを楽しんでいます。

性別や年齢を超越して、個人が各々の好きなファッションを身に纏い発信していく。
自分の“好き”をそのままの形で表現できるアバターとメイクについて、VRメイクアップクリエイター、ゆいぴさんにお話しを伺いました。

ゆいぴさん(@VRC_yuipxq)

BOOTHにてVRChat向けの3Dモデルを販売しているクリエイター。バーチャル世界でネイル・メイクアップサービスを展開し、現実世界でも海外でネイルサロンを経営、自身もネイリストとして活躍していた実績を持つ。

アバターは自己表現の1つ。他の誰でもない自分自身。

ゆいぴさん:現在のVR空間、特にVRChatにおいてはBOOTHをはじめとするインターネット上の同人マーケットでアバターを購入して、VR空間上で自分の身体の分身として使う事が主流です。

販売されているアバターは数量限定の販売品やワンオフアバター (※1) の物もありますが、殆どが一般販売されている既製品をそのまま導入する形になるので、VR空間上には同じ見た目のアバターを使う人が複数人現れるという事が起こり得ます。
ですが例え人と同じアバターを使っていたとしても、そのアバターは他の誰でもない自分自身なのです。

(※1) ワンオフアバター 依頼者が3Dモデラーにオーダーした、依頼者の希望に沿ったオリジナルのアバターのこと。

メイクで変わるアバターの印象。アバターメイクを始めたきっかけ

ゆいぴさん: そうした理由から、VR空間上ではアバターが自分自身であるという事を示すため、アバターの色の雰囲気を変えたり、服を着せ替えたりして独自にアレンジして遊ぶ『改変文化』が根付いています。

その為、BOOTHでは沢山のお洋服や小物が販売されていますが、現状アバター専用のメイクテクスチャはあまり多く見かけることが無かったので『アバター専門のメイクサービス』を始めました。

ゆいぴさん: アバターの顔は他人から特に注目される箇所です。
メイクをこだわる事により、同じ顔でも雰囲気は大きく変わります。

だからこそアバターに自分だけメイクをすることで”既存のアバター”ではなく、もっとちゃんとした”自分の分身”になれると考えています。
メイクはアバターの姿でも、自分らしさをもっと表現できる手段なのです。

また、メイクのテクスチャでしたらワンオフアバターよりも低価格で依頼を受け付ける事が出来るので、気軽に個性を表現できるというメリットもあります。

指先から元気を貰える『ワンオフネイル』

撮影ːバーチャルフォトグラファー@ecochin

ゆいぴさん: 現在私はアバターのメイクサービスだけでなく、ワンオフネイルのサービスも行っています。
ワンオフネイルとは依頼者様が使用しているアバターに対応したその方専用のネイルチップやネイルテクスチャ、メイクテクスチャを作成するサービスです。

過去に私は現実世界でネイリストを5年程経験したことがあり、海外でネイルサロンの経営もしていました。ネイルへの関心はずっと高かったです。

VRChatを始めた際も、初めての改変で一番最初にネイルテクスチャから手を付けたくらいアバターのネイルには興味がありました。

自分のアバターで自分が一番良く見える部位は指先だと思っていて、メニューやカメラを操作する際、指先は必ず見えます。
また、VRChatでは『撫でる』という文化があり、友人を撫でる際にも綺麗な指先でいたいと思っています。

ゆいぴさん: 現実世界でのネイルはほぼ毎月のように変えるのですが、季節、イベント、気分で女性の方は様々なネイルをし、指先が綺麗になるだけでも気持ちが明るくなる方も実際に沢山いました。

ふとした瞬間にも、指先に自分好みのデザインのネイルが見えると、自然と気分が高まる事はバーチャルもリアルも変わらないと思っています。

なのでVR空間で過ごしている皆さんにも自分好みのネイルをぜひ試して頂きたい!と思っています。

バーチャルを通してお洒落の楽しさを知ってほしい

ゆいぴさん: これまでお洒落をすることに親しみの無かった人でもVRなら気軽にメイクを楽しむことができます。

現実でも清潔感があるだけで周りからの印象も変わったり、メイクを覚えるだけで日々の楽しさが変わりますので、まずはVR上で、親しみがあるアバターから美容に興味を持って頂けたらいいなと思っています。

現在はまだ製作中ですが、VRChat上にトータルビューティーサロンのような場所を作って、実際に来店して頂き、その場でコミュニケーションを取りながら美容について知ってもらえるワールドを始めたいと思っています。来年の完成を予定しているので、完成した際はぜひ遊びに来て頂きたいです。

そして私自身今『Melty Lily』というブランドのBOOTHページを開設していて、ネイルチップやメイクテクスチャだけでなくお洋服や小物も販売しています。良かったらそちらも見て頂けたら嬉しいです。
また、現実世界のファッションブランド様とのコラボも獲得したので、今後の発表をぜひ楽しみにしてください。

『Melty Lily』 BOOTH:https://meltylily.booth.pm
『Melty Lily』Twitter:https://twitter.com/_Melty_Lily_

■ワンオフネイル・メイク依頼
@VRC_yuipxqへDMにて連絡。
※依頼が混み合っている場合は依頼を受け付け出来る状態になり次第お知らせがされます