『テイルズ オブ』シリーズや『ビビッドアーミー』など人気ゲームが参加決定。VR空間のゲーム展示ショー『GameVketZero』

バーチャルリアリティ(VR)空間で行われるインディーズゲームの展示会『GameVketZero』

VR空間で実際に会場内を歩き回りながら、その場で気に入ったゲームを購入することができる、新しい形のゲームショーとして注目されている当イベントの企業・団体の参加一覧が発表されました。

30の企業・団体が参加決定!

今回のイベントでは、96組のインディーズゲームディベロッパー・サークルと、30の企業・団体が参加します。

Microsoft

GameVketのエントランスにMicrosoftの『Game Stack』の紹介が掲示されます。
『Game Stack』は、ゲーム開発者が優れたゲームを作るために、Microsoftが提供するツール、サービスです。
Microsoft Azure 、Azure PlayFab、Xbox、Visual Studio、Havokなど、ガレージインディーズからAAAタイトルまで、誰もがマイクロソフト製品で快適なゲームの構築ができるツールを紹介しています。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

バンダイナムコブースでは、『テイルズ オブ』シリーズの世界観が楽しめるブースを用意。
VR版では『テイルズ オブ』シリーズでお馴染みの『魔神剣』を実際に体験できるコーナーも実装しています。

株式会社ホビージャパン

ホビージャパンおすすめのボードゲームを紹介している他、VR版では簡単なボードゲームを実際に楽しめるコーナーを実装。
友達と一緒にVRでボードゲームを楽むことが出来ます。
『GameVketZero』期間中にはキャンペーンも実施予定。続報は後日発表されます。

株式会社東京マルイ

VKet5に引き続きGameVketにも東京マルイブースが登場。
新作銃を3Dで楽しめる他、人気スマホアプリ『ドールズフロントライン』のダイナーゲートのアバターが無料配布されます。

CTW株式会社

Vket5にも出展した『ビビッドアーミー』をはじめ、『邪神ちゃんドロップキックねばねばウォーズ』などG123で配信されているゲームや事前登録中の『精霊幻想記アナザーテイル』の展示が行われます。

GALAKURO GAMING

GALAKURO GAMINGの販売製品紹介に加え、クリエイター支援コラボとして、プロゲーミングストリーマー集団『父の背中』けんき氏が制作中のPCゲーム紹介や、べすとまん氏、じゅん氏のスマートフォン向けゲーム紹介が行われます。

株式会社 日本HP

日本HPブースでは、ゲーム、CG、映像制作に携わる多くのプロクリエイターに愛用され、13年連続国内シェアNo.1を獲得している日本HPのワークステーションで制作されたゲームやアニメーションを紹介します。
ゲーミングPCの展示や、アンケートに答えるとHPの最新製品の3Dモデルの無料ダウンロードも可能です。
※1 2008 〜 2020年、出典:IDC’s Worldwide Quarterly Workstation Tracker Share by Company, 2020 Q4
https://jp.ext.hp.com/prod/workstations/business/

凸版印刷/エイベックス・ピクチャーズ

声優・徳井青空さんのオリジナル魂究極同期型バーチャルアバター「徳井V青空」がMCを務める新規配信番組のスタートに伴い、「TOKUI”V”SORA × #かなえるプロジェクト」のコラボブースが展開されます。

「新規配信番組概要」
・番組名:【速報】徳井V青空が新番組やるっていうから見てみたら俺の夢がかなっていた件について
・第2回配信日:5月9日(日)18:00~(月1回ペースにて配信予定)
・第1回アーカイブ配信 YouTube トライリミテッドch. にて配信中(https://www.youtube.com/channel/UCwzwfw8-XFbOxYWB3NX6GVw)
・生配信プラットフォーム:Z-aN(https://www.zan-live.com/live/detail/10062
・提供:かなプロマーケット(https://kanapromarket.meetmygoods.com/
・番組Twitter:@orekana_kanapro

バーチャルで声優に会える!?ラブライブ!/矢澤ニコなど務める徳井青空さんがバーチャルタレントを始めるんだって!

asobu

ゲームクリエイターコミュニテーをサポートするasobuがGameVketに登場。
クリエイターが作ったゲームの展示や、asobuとTokyo Indiesが主催する『インディーコレクションJAPAN』の紹介などが行われます。

テレビ東京

毎週日曜夜10:48~に放送中の人気番組『eSports high TV』の世界観が楽しめる他、
入り口では『AI VTuber タミ子』パネルが設置。
お気に入りのアバターと一緒に写真を撮って楽しむことが出来ます。

bauhutte

ゲーミング家具ブランド「Bauhutte」が、GameVketに初出展。
ブースでは、最大20%オフの来場者限定物販や豪華景品が当たるキャンペーンを展開。
直接バウヒュッテスタッフに、快適なゲーム環境の構築方法を相談できます。

出展者との交流も魅力。バーチャル空間の強みを生かした『GameVketZero』

その他にも、多くの魅力的な企業が協賛・出展されています。

『GameVketZero』はVR機器はもちろんのこと、PCやスマートフォンのブラウザからも、世界中からアクセス可能です。
バーチャル空間を活用し、出展者と参加者がリアルタイムで交流できる事も魅力となっている当イベントは、出展料・入場料ともに無料。その場で気に入ったゲームを試遊・購入することができます。

『GameVketZero』開催は2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)の7日間、VRChat内で行われる予定です。

【そのほかの協賛・出展一覧】
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Google Play、株式会社スクウェア・エニックス、Bushiroad International Pte. Ltd、アークシステムワークス株式会社、株式会社グッドスマイルカンパニー、株式会社タカラトミー、Studio MGCM、ファンタシースターオンライン2、Logicool G、ユーシーカード株式会社、株式会社日本一ソフトウェア、株式会社ゲームエイト、KLab株式会社、株式会社COMP、株式会社オルトプラス、VR Con、株式会社テレビ朝日

VR空間のゲーム展示会『GameVketZero(ゲームブイケットゼロ)』開催決定!

ゲームに特化したバーチャルマーケット『GameVketZero』出展受付を開始。VRChatやcluster、NeosVRで作ったゲームワールドも宣伝可能