オンライン同人誌即売会『NEOKET』の行き方・遊び方レポート。NEOKETってぶっちゃけどんな感じ?

Pixivが主催するオールジャンルオンライン同人誌即売会『NEOKET』

バーチャル空間内で同人即売会が楽しめるオンライン同人即売会として1月30日(土)に開催される開催が予定されていますが、1月22日より会場内に一足早く遊びに行ける先行体験版がリリースされました。

日本人なじみな操作画面、購入アイテムをVR内で確認できるシステムも

専用アプリケーションを通して遊びに行くことができる『NEOKET』

オンライン上で同人即売会が楽しめるよう、独自のUI(ユーザーインターフェイス)が用意されている他、同人通販サイト BOOTHとの連携、ボイスチャットやモーションを使って他の参加者との交流も楽しめるように設計されています。


プロフィール画面ではプレイヤー名の他に『コメント』『ユーザー紹介』を追記することが出来るのも面白いポイント。

ユーザーを選択すると相手の詳しいプロフィールが確認できるほか、『コメント』はプレイヤー名の上に常時表示されるので簡単なメッセージを伝えることが出来ます。

自身のサークル番号を記載して宣伝するもよし、大喜利するもよし。

直接会話をしなくともコメントやプロフィール画面をチェックすればその人の雰囲気が分かるので『あなたも〇〇好きなんですね!』とか『百合本探してるんですか?あっちにありましたよ』なんて声を掛けてコミュニケーションを楽しむことも出来そう。


ソーシャル要素の面では他にも文字チャットで会話ができるシステムや、モーションでコミュニケーションが出来るギミックも用意されているのでVRモードに限らずデスクトップモードからでも十分にユーザー同士の交流が楽しめます。

アバターは3Dキャラクター共有プラットフォーム『Vroid HUB』から呼び出すことができる他、NEOKETのアバター選択画面からデフォルトで選択することも可能。
バーチャルイベントが初めての人でも特別な前準備なく気軽に遊びに行くことが出来る仕様となっています。

どうやってNEOKETに遊びに行くの?

NEOKET公式サイト

NEOKETに遊びに行くには公式サイトから専用アプリケーションをインストールする必要があります。

PC、PCVR(HTC VIVE等,Steam VR対応)から入場することが出来ます。
(スマートフォン・タブレットなどからはアクセスすることができないので注意してください。)

インストール後はNEOKET公式サイト記載のXRCloudにてチケットを入手。

専用アプリケーションの方に入手したチケットが反映されるので『参加』を選択すると会場に遊びに行くことが可能になります。

実際に遊びに行ってみた感想→現実の雰囲気に近いバーチャル即売会が楽しめるかも…?

これまでに数多くのVR SNSが発表されていますが、最初から物販を目的として開発されたVRプラットフォームともあって、BOOTHとの連携・購入アイテムの確認などのシステムはしっかり準備されている印象でした。

UIもソーシャルゲームにありそうな日本人馴染みな画面になっているので特別操作に迷うことはなさそうです。

ボイスチャットの他にモーションやテキストチャットでもコミュニケーションが取れたり、ユーザーのプロフィール画面が確認できたり『これが欲しかったんだよ!』っていうシステムが一通りそろっている感じ。

ただ1つ気になる事といえば会話がめっちゃ聞き取りづらいという点がありました。

というのもNEOKETはボイスチャットの距離減衰が無いようなので、近くにいる人と遠くにいる人の会話のボリュームが同じ大きさに聞こえてしまい、どこから声が飛んできているのか、今だれが話しているのかが非常に分かりにくいのです…。

VRコミュニケーションにおいて音声距離減衰はかなり重要なポイントなのでその点だけちょっと惜しい。

あとはイベント本番にどれだけ快適に遊べるかという点が気になりますが、公式の発表によると1000人同時接続可能・開催時間も1月30日の12ː00~18ː00と絞られているのでかなり賑やかな雰囲気のイベントになりそうです。

日程・時間が絞られている点については『土日仕事の人行けないじゃん!』っていう悲しみも発生しますが、人との交流や偶然の出会いの発生率も高くなる点では面白いことが起こりそう。

オンラインイベントなので24時間開催しててもいいはずではありますが、あえて日程と時間を絞ることでユーザーと出展者の交流が発生しやすいっていう目論見なのかな?

あの有名なバーチャルタレントさんにも会えるかも!?
なんていう淡い期待を抱きながらイベント本番を楽しみにしましょう!

オールジャンルオンライン同人誌即売会「NEOKET(ネオケット)」
開催日ː2021年1月30日(土) 12ː00~18ː00
https://vroid.com/neoket/

追記

※NEOKETではVRoid Hubにある自分のアバターが使えますがVRoidHubのNEOKETアバター制限に引っかかってしまった人で、バウンディングボックスにNGが出た場合はモデルをアップロードしなおせば解決しますよ!

『NEOKET』は同人即売会の救世主となるか?【体験レポート】