エヴァンゲリオンの世界観を再現したファンワールドがVRChatで公開。サードインパクトのアレが楽しめるよ

2021年3月8日の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を控え、ファンの間では期待が膨らんでいる訳ですが、そんなこんなでVRChatにもエヴァファンの方が制作した創作ワールドが公開され話題となっています。

こちらのファンワールドはエヴァンゲリオンの公式ガイドラインに沿った再現ワールドとなっており、サードインパクトのアレが楽しめちゃいます。

劇中の街並みを再現 

エヴァンゲリオン劇中に登場する街並みを再現したこちらのワールド。

ワールドには劇中に登場する組織『SEELE(ゼーレ)』のモノリスがそびえ立っています。
多分エヴァを知らない人でも見たことがあるであろう、あの秘密結社っぽい奴らが謎空間に集まってリモート会議してるアレです。

近くに寄ると中央には『ロンギヌスの槍』と『カシウスの槍』が。

ちなみにこの『ロンギヌスの槍』と『カシウスの槍』を超ざっくり説明すると、この2つの槍が揃うと世界がやり直せるという伝説のアイテム的なやつになっています。

サードインパクトが始まる。世界が終わるのよ。

『カヲル君のために…みんなのために槍を手に入れる…
そうすれば世界は戻る…!そうすればミサトさんだって…!』

中央の槍は2つとも手に持つことが出来るのですが、実際に引っこ抜いて持ってみると…


アバターが空中に浮き始め、街の瓦礫と一緒に光に吸い寄せられているような演出が!

『なんなんだよこれ…!』

モノリスのアバターになれるギミックやATフィールドもあるよ。

そのほかにもワールド内にはATフィールドを展開できるギミックや、モノリスのアバターになれるペデスタルが設置してあり、遊び心のあるワールドになっています。

劇場版第4作、シリーズ最終作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
こちらの再現ワールドで雰囲気を楽しみつつ、これまで物語を振り返ってみてはいかがでしょうか。

ワールドは下記リンクから遊びに行くことが出来ます。

クリックするとインスタンスが開きます。

鬼滅の刃のファンワールド『鬼滅の無限城みたいな別の何か』で遊んでみた。