パナソニックの一眼カメラ『LUMIX S5』がVR空間で登場するよ~~!

株式会社Shiftallは、VRメタバース関連事業に2月19日より参入し、メタバース内にてアバターやワールドに利用できるメーカー公認バーチャルアイテムとして、パナソニック製品のローポリゴン・データの販売を開始することを発表しました。

製品はピクシブ株式社が提供する販売プラットフォームBOOTHにて販売。
対象となる製品型番と販売価格、データ仕様は下記のとおりです。

メーカー公認3Dデータ 仕様

モデルとなった製品名データ仕様価格(税込)
LUMIX S5

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6
1,178ポリゴン *2500円
眼鏡型VRグラス2,974ポリゴン300円

Shiftall official data store URL: https://shiftall.booth.pm/

LUMIX S5のデータについては、主にVRChat上にてVirtualLens2,VRCLensといったサードパーティ製カメラ拡張ソフトウェアと組み合わせて動作させることを想定しており、両ソフトウェアでの動作確認を終えています。

クロスマーケット2とも連携

本事業取り組みにあたり、対象となるユーザーへの認知度拡大を目的とし、2月20日よりVRChat内にて実施されるイベント「クロスマーケット2」と提携。
ワールドのメインエントランスに本データ販売についての大型バナー掲示が行われる予定です。

Oculus Quest 2をはじめとしたVRユーザーが集うバーチャル展示会『クロスマーケット2』、2月20日よりバーチャル空間で開催。日産自動車など計11社の企業協賛も。