VRでオープンキャンパスに行こう!法政大学 バーチャル小金井キャンパス

いつでも大学を見学できちゃう!

理想のキャンパスライフを送るうえでは大学構内の様子もチェックしておきたいですよね。
大学の魅力を伝えるために各大学ではオープンキャンパスが開かれている訳ですが、地方に住んでいる人はなかなか気軽に足を運べなかったり…。

そういった学生さんに是非来てほしいのがこちら!

法政大学 実世界指向メディア研究室 学部生有志の方々が3Dモデリングで再現した「バーチャル小金井キャンパス」がバーチャルプラットフォーム『cluster』にて公開されています。

大学構内を忠実に再現 法政大学 バーチャル小金井キャンパス

こちらが法政大学小金井キャンパス。
法政大学は1920年に設立された私立大学で、小金井キャンパスではIT時代のインテリジェントキャンパスとして情報・研究設備が充実しています。
入口の看板はついつい並んで写真を撮りたくなっちゃいますね。

構内はリアルスケールで作られいるので実際にキャンパス内を歩いて回っているかのような感覚で探索出来ます。自電車置き場やゴミ箱まで忠実に再現されいて、どこに何があるのか感覚的に掴めるのがバーチャルオープンキャンパスの良い所!

大学入口には地図も用意されていて、今自分がどこにいるのかを地図上の赤いポイントで示してくれるので迷うことなく構内を歩くことが出来ます。

また各所には360度写真が設置されており、球体の中に入ると構内の様子を写真で見学することが可能となっています。

えこぴょんを探すといいことがあるかも!

構内には法政大学の環境改善活動推進キャラクター『えこぴょん』を探すミニゲームも用意されています。
『えこぴょん』は全部で4体。すべて探すと秘密の場所に行くことが出来ちゃいます。

秘密の場所にたどり着いたら是非写真を撮ってSNSで呟いてみては…?

アクセス方法

法政大学 バーチャル小金井キャンパス cluster

法政大学 バーチャル小金井キャンパスへは上記のリンクから遊びに行くことが出来ます。
VRの他、PC・スマートフォンからもアクセスすることが可能です。

clusterって何だ?どんなことが出来るの?遊びに行ってみたレポート

バーチャル東大でオンラインオープンキャンパス。赤門や安田講堂なども忠実に再現。